射出成形とは。

射出成形とは、プラスチック製品を生産するときに用いられる成形方法の一種。高熱のシリンダーによって溶かされたプラスチック材料(プラスチックペレット)を金型に流し込み、一定時間冷却することでプラスチックが固められ成形品が出来上がる。プラスチック製品の製造方法としては一番ポピュラーな成形方式と言えます。

射出成形の特徴

1.品質の安定性
金型による自動生産のため、同品質のものを繰り返し生産することが可能。
2.大量生産に向き
成形及び取り出しが自動化であるため、効率的な生産方法で大量生産が可能。
3.様々なプラスチック製品への展開
・金型により小型から大型のプラスチック製品を作ることが可能。
・金型により複雑な形状でも成形が可能。
・多種なプラスチック樹脂で成形が可能。

射出成形事例 (ハードトレイ)